【カード系ローグライク】「Card Thief」はソリティアでローグライク!?ドイツで賞取りの実力派【Android無料/iOS有料/序盤攻略】

無料スマホゲーム乞食らいなです。
食事を作る時間がもったいないと感じたら餅をおススメします。
今日は絶対おススメできるゲームの紹介です。

こんな人におススメ!
海外風タッチのキャラが好きな人
パズルでローグライクを味わいたい人
1回10分の短時間でゲームしたい人

‎Card Thief
Price: ¥370
Card Thief
Price: Free+
  • Card Thief Screenshot
  • Card Thief Screenshot
  • Card Thief Screenshot
  • Card Thief Screenshot
  • Card Thief Screenshot
  • Card Thief Screenshot
  • Card Thief Screenshot
  • Card Thief Screenshot
  • Card Thief Screenshot
  • Card Thief Screenshot
  • Card Thief Screenshot
  • Card Thief Screenshot
  • Card Thief Screenshot
  • Card Thief Screenshot
  • Card Thief Screenshot

どんなゲーム?(結論)

  • ソリティア風ステルスゲーム(公式より)
  • 1人の盗人が3×3の場で駆け回る
  • 盗人自身やスキル、敵キャラも多種多様

基本情報(2019.5現在)

配信者 Arnolf Rauers 公式サイト
値段 無料(Android),360円(iOS)
サイズ 64MB(Android),192MB(iOS)
ジャンル

ローグライク&カード

日本語対応 ×
チュートリアル 追加課金要素
広告表示 オートセーブ
スタミナ制 通知 ×

 

Card Thief is a solitaire style stealth game played with a deck of cards.(公式サイトより)

直訳すると、「Card Thiefはカードデッキを使って遊ぶソリティア風ステルスゲームです。」です。

日本語対応していませんが、高校英語の範囲くらい?なので翻訳機能を使えば、ある程度意味がわかります。

ドイツでは”German Developer Award – Best Game Design 2017″、”German Games Award – Best Mobile Game 2018″という賞を貰っている実力派ゲームです。

ゲームの流れ

チュートリアルがありますが、英語だと理解できないとなりがちなので、最初に進むステージとなる“Black Manor”で説明します。

Screenshots of Card Thief

まず最初に、適当にプレイヤーが配置され、8枚が配られます。

Screenshots of Card Thief プレイヤーカードの左上が0以下にならないように進みます。(カードをタップして、決まったらプレイヤー長押しで進みます。)この時一筆書きで進みますが、交差はできないので注意しましょう。
Screenshots of Card Thief 繰り返していくと宝箱(chest)が登場するので回収しましょう。
残りのデッキ枚数を表す画面左上の数字が0になったらゴールとなるマンホール?が出てくるのでそこに入ってゴールです。

 

持って帰った宝箱はギルドマスターに開けてもらいます。最初のうちは、すぐに開けてもらえるのですが、宝箱が難化するのかギルドマスターの腕が落ちるのか、1時間に1個だけになります。そこで、追加課金要素か動画広告が出てきます。瞬時に開けてもらえます。

また、この宝箱は保存が4個までと大変少ないので、ゲームを始める際には手元に何個宝箱があるか確認してからスタートしましょう。

序盤攻略(Black Manorクリア編)

上記で、簡単な流れを説明しましたが、これだけの情報では簡単にクリアできるセンスのいい人はなかなかいないと思います。私は5回くらい初クリアのためにゲームオーバーになりました。何点かコツをまとめていきます。

ステルスポイントを1番に考えよう

ステルスポイントとは、盗人(プレイヤー自身)カードの左上にある数値のことで残りの体力、行動力です。無理に兵士を倒して減らさないこと、ブーツは大きい数値になってから取ることなどを意識しましょう。

ポイントとしては、

  • 何枚も進みすぎない(2,3枚程度)
  • 斜め移動を有効活用する

の2点です。

8枚全てのカードを取りきると全回復(ステルスポイントが10に回復すること)しますが、運が必要ですので、ちょっとずつ進んでいきましょう。

カードの意味を理解しよう

「当たり前でしょ!?」と言われそうですが、このゲームには序盤から10種類のカードが出るのです。普通のソリティアと違い、各カードの数字が変動するため、まずどのカードが自分にとってプラスかマイナスか把握しておくことが大切です。

Guard 見張り番 明るいカードを監視します。
Treasure 宝石 スコアが上昇します。
Torch たいまつ 隣接するカードを明るくします。
Sneak ブーツ ステルスポイントが上昇します。
Door ドア 明るい場合は通り抜けできません。暗い場合は通り抜けできます。
Chest 宝箱 毎ターン、数値が上昇します。中身は数値×ダンジョンの難易度によって決まります。
Hide 隠れ樽 ステルスポイントを全回復します。
Traitor 裏切り者 宝石を少し失う代わりにステルスポイントが上昇します。
Exit 出口 ゲームを終了させるためのドアです。通常のドアと同じ仕組みになっています。

「Card Thief」攻略記事はこちら

【パズルRPG】「Card Thief」の攻略情報・データ【点灯時無点灯時キャラ動作・スキル解説】

 

以上、『Card Thief』の紹介でした!

スコアを狙うか、いい宝箱を狙うか…どっちも狙うことは大変難しいです。難易度も今回取り上げた“Black Manor”を含めて4段階ありますが、私もまだ最終段階のクリアが安定しません。

導入が少し難しいですが、ハマると時間泥棒されるゲームですのでお試しください!

‎Card Thief
Price: ¥370
Card Thief
Price: Free+

PS.他の難易度含めた攻略記事作成中です! →完成しました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です