【Stormbound】デッキ公開!中盤までのおススメデッキ【もちろん無課金】

無料スマホゲーム乞食らいなです。

更新が滞っている中でも『Stormbound』は生活に欠かせないゲームとなってきました。主に通勤中にプレイしています。

早速ウィンターパクトデッキ公開!

※強さはレベル1(初期)となっています。

カード名 コスト レア度 種類 強さ 内容
民兵の召喚 1 コモン 魔法   ストレングス1のナイト1体をランダムに発生させます。
フロストヘクサー 2 コモン ユニット 1/0 プレイすると、隣接する敵ユニットすべてを凍結させます。
フェルフレア 3 コモン ユニット 2/0 プレイすると周辺の敵ユニット1体いずれかに対して2ダメージを与えます。
炉床 3 コモン 建物 3 あなたのターンの開始時、ほかの味方のユニットまたは建物に2ストレングスを与えます。
恐怖の獣 4 エピック ユニット 3/1 ドラゴンではないユニットに攻撃した場合、同じタイプの他のすべてのユニットに2ダメージを与えます。
処刑 4 コモン 魔法   ターゲットの敵ユニット1体または建物1つに対し、3ダメージを与えます。
凍結したコア 5 レア 建物 4 あなたのターンの開始時に3マナを得ます。
ロックワーカー 5 コモン ユニット 4/1 プレイすると、隣接するタイルのいずれかにストレングス4の建物を1つ発生させます。
剛力の恩恵 6 コモン 魔法   ターゲットとした4ストレングス以下の味方ユニット1体または建物1個に、8ストレングスを与えます。
白霜の貴婦人 6 レジェンダリー ユニット 5/1 このカードをプレイすると、残りのマナを消費し、マナごとに2ストレングスを得ます。
賢者の贈り物 7 エピック 魔法   このターン、9マナを得ます。
歴戦の古参兵 7 コモン ユニット 8/1  

 

私が使用しているのはウィンターパクトデック(キ)です。

キャンペーンをクリアする必要がありますが、レジェンド1枚、エピック2枚、レア1枚、ノーマル8枚という構成です。

比較的序盤からアレンジして使えると自負しています。

 

このデッキの決め手は?

最初から所持している「歴戦の古参兵」とレジェンダリーの「白霜の貴婦人」「剛力の恩恵」で強化したユニットで、まさに雪崩のように攻め落とすデッキです。

他にデッキの特徴として、効果がないカードをあまり入れていない、コストは7以下で抑える、というのがあります。理由はなんとなく、ですが。

特にコスト7以下で抑えているので序盤から攻めても良し、後から順当に倒すのも良しと相手によって使い分けられます。

後ろでは、「炉床」をはじめとした建物カードで強化しつつ相手に攻められないような足場を固めます

最序盤では「ロックワーカー」が発生させる建物が基地をガードするのに大変役に立つと思います。

こういう使い方ができる!

「白霜の貴婦人」「賢者の贈り物」「凍結したコア」の最強火力コンボ

このデッキで一番贅沢なカードたち(レジェンダリー、エピック、レア)ですが、この組み合わせこそ一番火力が出るんです。

「凍結したコア」は5マナで召喚できる建物カードで、ターン開始時に3マナ取得できるため、最短3,4ターン目を6マナで迎えるところを9マナでスタートできる強さがあります。

「賢者の贈り物」は7マナ使用して9マナ取得することができるカードです。単純に+2マナ多く取得できるほか、後半では速攻使用できるため、デッキ圧縮にも有効です。

最後に「白霜の貴婦人」を使用します。召喚コスト6を引いた残りマナ数×2が攻撃に加算されます。

簡単に説明すると、現在10マナあります。
「白霜の貴婦人」を召喚します。-6マナですね。
残り4マナなので4×2=8攻撃に加算されます。
元々攻撃5なので合わせて13となります。

強いです。1体の火力としては最高火力ではないでしょうか。私が出した攻撃値の最高は38です。

 

「ロックワーカー」と建物で足止め&陣取り

1つ上の項目より圧倒的に早く序盤から揃いますね。

なぜ、「ロックワーカー」推しなのかというと、「処刑」レベル1では倒せない建物を召喚してくれるからです。

建物カードは他に2種類入れました。マナを獲得できる「凍結したコア」、2ストレングス与える「炉床」

効果もありがたいですが、どちらかというと陣取り優先です。おすすめの配置を図で説明します。

       
     
       
 
   

 

おススメの配置です。①から建てていきます。③まで行けたらだいたい勝てているような気もしますが…。

①は絶対建てましょう。なぜかというと相手にとって最前線になるかつ端っこだからです。よく②に建てがちだと思いますが、踏ん張って①に建てましょう。

①が建てられたら②、③と建てましょう。③の下には絶対に建てないようにしましょう。敵が一瞬のスキをついてきたときに挽回できなくなります。

※は進軍は陣地取りに捨て建物として低コストの建物を置くことをおススメします。

もし、その建物を壊しにきたら相手は守備優先に動いていることになりますし、逆に倒さなかったら攻撃優先とみてほぼ間違いないので相手の動きを予想することができます。

 

意外と大切!削り要員

削り要員と勝手に言ってますが真ん中くらいにいるユニットの体力をなるべく削っておく面々です。2種類入れています。

 

「恐怖の獣」はエピックカードで集めるのが大変ですが、1枚でも手に入れたらどのデッキに入れても使える超万能カードです。

この「恐怖の獣」というカードは、目の前の敵以外に目の前の敵のタイプと同じ敵に余分にダメージを与えてくれるのです。

タイプって何?という人もいると思うので、ここでタイプについておさらいしましょう。

タイプは遊戯王でいえば種族のようなものでしょうか。あるデックに限らず、全デックに入れられるニュートラルにも同じタイプがいたりします。

現時点(19/12/16)でのタイプは次の通りです。

タイプ 主なデック
ナイト ニュートラル
海賊 ニュートラル
サテュロス スウォーム
アンデッド スウォーム
フロストリング ウィンターパクト
ドワーフ ウィンターパクト
コンストラクト アイアンクラッド
ネズミ アイアンクラッド
ヒキガエル シャドウフェン
カラス シャドウフェン
ドラゴン 均等
フェリン ニュートラル
エルダー 均等

 

基本的には見た目が同じユニットは同じタイプです。詳しく知りたいときはユニットをタップしてユニット名の下を見ましょう。

次のおすすめ削り要員は「フェルフレア」です。こちらはコモンユニットですから、すぐ手に入りかつ、レベルが上げやすいといえるでしょう。

「フェルフレア」の最大の特長は、プレイすると、周囲のいずれかの敵に2ダメージ与える(レベル1の場合)ことです。レベルが上がるとこの与えるダメージが増えていくのです。

ポイントはこの効果が序盤から使えることです。レベル1のときは「フェルフレア」自身の強さが2、与えるダメージが2という実質4ダメージ与えるユニットがマナ3で出せます。

つまり、最初のターン(マナ3)でも強さ4のユニットが出せるのと同じということです。

さらに、「フェルフレア」は周囲にダメージを与えることができます。

何が言いたいかというと、Stormbound日本語版では「隣接した」「周囲の」という言葉があります。

どちらも文字通りですが、「隣接した」は上下左右の隣接した4マスを指し、「周囲の」は斜めを含んだ8マスを指します。

「フェルフレア」はこの「周囲の」ダメージによって使い勝手が大変よくなっています。

 

初心者さんにもおススメできる理由

レジェンダリーがなくても2つ攻めユニットがあるというのが初心者さんにおススメできる最大の理由です。

ただ、カードが足りないよ!となるのが最初の定番。レア度の高いカードについて、レア度の一番低いコモンに入れ替えるとしたら何がいいか考えてみました。

  • 白霜の貴婦人 レジェンダリー → アイスド・ドロップリングス
  • 賢者の贈り物 エピック → ライムリング
  • 恐怖の獣 エピック → 個人的な給仕係
  • 凍結したコア レア → イーボンロックの砦

マナのコスト面も考えて、極力マナが少ないカードを選んでみました。

要するにカードをどんどん消費してキーカード(「歴戦の古参兵」「剛力の恩恵」)を早く手元に戻す、という作戦です。

「歴戦の古参兵」が召喚できるまでが勝負となりやすいので、プレイングで相手の前線がこちらまで来ないようにカバーしましょう。

 

このデッキの弱点カード

どのデッキにも弱点となるカードがあります。

 

このデッキに関して気を付けたいカードは「束縛」です。

“ターゲットの敵ユニットのストレングスを5まで低下させます。”

うーん、せっかくカードで強化したのに!!となります。「白霜の貴婦人」で20くらい下げられることがあります。

 

続いて出されると困るカードとして、「狂乱の爆撃手」(エピック)があります。

効果が”周辺のすべての敵にランダムで7ダメージ”なので、これもまた大きく削られてしまいます。

 

建物カードでいえば、「狙撃手のやぐら」です。

誰しも嫌なカードではないでしょうか。毎ターン開始時に”4ダメージを最前線にいる敵またはストラクチャーに与えます”。

そりゃないでしょという強さです。レベル1で強さ4なので、処刑レベル1で倒せません。

私の中では調整されてほしいカードNo.1です。そして欲しいカードNo.1です。

 

他にも気を付けたいカードはたくさんありますが、落ち着いて対処すれば被害を最低限に抑えられると思います。何回も挑戦してプレイングを磨きましょう。

 


以上で、今回のStormbound記事は終了です。日本人プレイヤーが少ないので、これを機に増えていったらうれしいなと思います。

また、いろんなデッキが完成したら公開していきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です