【刀ミュ】真剣乱舞祭2022参戦レポート【愛知公演5/13】

ミュージカル刀剣乱舞
この記事は約15分で読めます。

らいなです。

真剣乱舞祭2022が開幕しました!ということで、唯一参戦する愛知公演(5/13夜)のレポートを書き綴っていきたいと思います。いつもは偏りなく丁寧に文章を書いているつもりですが、今日はレポートなので、推しへの愛が異常です。ご了承ください。

おすすめ刀ミュ記事
セットリスト公式通販まとめ応援うちわ制作キャスト年齢キャストSNS

会場には3時間前に到着、ただし長蛇の列

当方、愛知県民ということで、車で会場であるガイシホールへ向かいました。駐車料金がかかりますが、土日しか行けない&東日本に住んでいる&東京公演まで待てないパターンの人は、愛知公演に来ると予想できていたので、駐車場はガラガラでした。

ガイシホールの駐車場は大きなライブがあると普段は止められないほどいっぱいになるので、本当に今回は遠征組が多かったと思います。

さて、私は通販予約で一通り欲しいものを揃えることができていたので、一緒に参戦する友人とともにランダム列に並び始めました。15時頃に現地入りしたのですが、購入できたのは開演30分前の17時半でした。

本日の部隊クリアカード

Twitterでフォロワーさんがクリアカード6枚購入して今日の部隊としてアップしていたのを見てやりたくなったので、やりました!心の中で、推し(蜻蛉切)引きたい…!と思いながら…

\ドン!/(後日撮りなおした)

被ってないからよし!待機列に並んでいるときに友人に被ったらどうするの?と聞かれていましたが、さすが全33種。被らないです。よく見たら大地組と声でか組と三池組だ!

座席に到着→開演!

友人と共に入場。位置的にはセンターステージと左下ミニステージの間、このあたりでした。福井公演の配信で見たときはセンターステージの高さが高くて見えないのではないかと思っていましたが、意外と低くて問題なかったです。

18時になり、配信より祭囃子の音が大きく聞こえて、これが現世の戦い…!と一人で盛り上がっていました。

前説からクライマックス~祭りまで

前説は今剣と岩融。福井配信から会場替わりであることはなんとなく予想できていたので、ふむふむと聞いていたのですが、いきなり今剣が俳句を「さぷらいず」する!?となったので聞いてみると、五七五七七ではないか。無季自由律ではないんだな、今剣よ、と心の中でつぶやきました。

続いて水心子と鶴丸の寸劇。心覚に登場する女の子も登場して、心覚予習しておいてよかったなぁと思いつつ、まだ悩まされている水心子に優しく振舞いたい…これが母性…。しかし、心覚に出てくる女の子、舞がおきれいです。祭りメドレーが終わったあと、水心子を挟んで平将門と踊るのですが、こちらは激しめ、強い踊りという印象です。

そして全員での公演オリジナル曲。今までこんな曲なかったな…やったな!刀ミュ作曲陣!!(多分YOSHIZUMIさんか和田俊輔さん)現地で聞くと低音による振動が感じられて全身がぞわぞわする感覚になりました。

そこから真剣乱舞祭2018の再来です。福井公演の配信で事前に把握してたため、身構えることができましたが、初見の人は泣くだろうなと思っていました。そして2018より強化されていることに驚きました。2022は東西で分かれているわけではないので、だいたいのグループ分けはあるのですが、2018で東軍だった人が西軍の曲を踊ったりしていたので、振りは同じでもほぼ新規楽曲をやるような感覚ではないでしょうか?俳優さんすごい。

祇園祭の山車やねぶた祭りのねぶたなど、再利用しているのかはわかりませんが、SGDsを意識しているのかと意味不明なツッコミを考えながら、次々と流れるお祭りに圧倒されました。全部語るとこれだけで1記事できてしまうので、各祭りについて一言ずつ触れていきたいと思います。

ハレハレ祭り→水心子が巴さんポジ!声に芯があるからすごく合ってる!

祇園祭→鶴丸が山車に乗ってる…貫禄…東軍が西軍してる!

ねぶた祭り→ねぶたに平将門が掴む棒。大包平と蜻蛉切を同時に歌わせたらリサイタルだよ!

阿波踊り→高橋健介(あえての本人)歌上達したな…!参るぞ!!!中腰での前進が本当にすごい。

エイサー祭り→雪まつりなくなったの寂しいけど、テーマ的にエイサーいいですね!太鼓持ちの平均年齢高いよ!(32歳、30歳以下は大包平だけ)大きい太鼓も手のひらサイズの太鼓も刀ミュとの親和性が高い。

よさこい祭り→人気急上昇中の肥前くん。しゃがれた声多分作ってるんですよね。さらに踊りがうまいだけでなく隠しきれない上品さ…やばい、むっちゃんもやって…(後日大阪公演の配信を見て死にかけたのは言うまでもない)

よさこいソーラン祭り→蜻蛉切さん人の頭で見えなかったけど声は充分に届いています…ほんと真ん中でみんなの軸になってること、推してる身として誇らしいです。というか、ここでも声でか3人組(小狐丸、蜻蛉切、大包平)一緒ですね。

祭りメドレー→最後の全祭りが混ざったメドレーが正直一番好きです。一つの小さな国、日本に多くの情熱的な祭りがあって、どの祭りも大切に扱う、刀ミュ作曲陣(特にYOSHIZUMIさん)天才か!?

Free Style

福井公演の配信を見てると鶴丸の元気がなさそうだったので、ちょっと心配していたのですが、愛知からはいつもの絶対音程外さない丸でした。本当に若手なのか疑う歌のうまさ。貫禄。パライソも予習しておいたのですが、壽→パライソ2021での松井江、豊前江、日向正宗の歌唱力アップがすごいですね。そしてらぶフェス2022でさらに上達している。浦島くんはもううまいの隠してないね!いいよ!脇差ってそういうところあるよね!!

MCはもう審神者全員大切にしてるぜ!という感じで、鶴丸は長期任務中だったという突然の設定ぶっこみがあったものの、役者さんが等身大で話せるようなストーリー構成でとてもよいです。

Lost The Memory

浦島、日向、ソハヤは連続で歌うんだ、相変わらずハードな構成。あつかし組の曲ですが、本公演ではまだなんですよね。あつかしとつはものは、こういう切ない系クールなポップスが多いイメージ。いつも曲の中で苦しんでる。この曲ではないけど平然と愛を歌うことも多いよね(そして審神者は落ちる)

Junk History

最初、曲調的に幕末かと思ったんですが、みほとせ2019の日替わり曲を持ってくるとは…大型公演初披露です。この情勢で、サビの歌詞「立ち上がるため転んで精一杯笑うため僕らは息をしているのだろう」が伝えたいために入ってきた選曲なのではと思っています。みんなつらい思いをして、それは刀剣男士(演じる役者さんも)もそうだよってことなのかなと。

お前が知ってる

江水は最終公演の配信しか見ていないのですが、第一部が体力消耗が激しいのか、本公演はひどい有り様だったこの曲が、復活!!という感じでした。生で見ると、みなさんが言っているように兼さんの80%は足でできているように見えました。大包平がセンターステージでソロ歌うとき、マイクを通していない声も聞こえてきたので、どこまででかいんだ大包平!!この日の宴会芸は肥前くん。すべてを握り飯に変換する能力持ちらしい。江水組の兼さん完全になめてる雰囲気が好きです。

Jackal

はい、みなさん大好きな村正の時間です。推しは蜻蛉切ですが、ファミリーの村正も大事です。やはり刀剣男士キャストで年齢上から2番目、2.5次元以外もこなす村正の中の人の実力が恐ろしい。大阪公演でもっと恐ろしいことになるとは思っていなかったです、ほんとに。個人的には間奏後の「灰になっても残る誇り」(ここは音源あり)を口パクで歌ってくれるところが好きです。

推し(蜻蛉切)に関して言えば、サビで足開いて両足で前進するじゃないですか。配信でも若干アングル下から拾っていて、現地で見たらそりゃ下からのアングルになるわけで、本当に心臓に悪いです。

最後に村正派を吸い込む床が好きです。二人で入っていいんですか?もっとやれ。

BE IN SIGHT

仕方ないんですが、小狐丸と今剣二振りであつかしとつはものを背負わないといけないので、大変だなと思いつつ、やはり初期から支えているだけあって覚悟というか目つきが違うなと思いました。小狐丸は力強い、今剣は繊細という言葉が似合う。最後のサビ前の小狐丸の伸びに鳥肌が立ちました。

約束の空

みんな大好き、約束の空。刀ミュのシングル曲の中では、意外と珍しい王道なポップス。みほとせ、あおさくは4つ打ちダンスミュージックが多いんですよね。肥前くんが4公演に1回くらい歌詞間違うの嫌いじゃないよ!最後に篭手切江パート踊るんだから、そりゃ大変でしょ。刀ミュのダンス担当の一人になっていくんだろうなと感じてます。

推し(蜻蛉切)に関して言えば、ラスサビ前のYeahに限ります。ハモり最高です。そして蜻蛉切中の人特有の盛り上がりすぎると体が揺れる現象好きです。

MCはもう村正ワールド。審神者も水心子のアレ、正直邪魔じゃないかなとは思ってました。代弁してくれてありがとう村正。この日は、ひつまぶしでした。愛知の人間ですが、そんなにひつまぶしは食べられません。だいたい5000円くらいかかるんです。まぁ次の休みに食べに行ったんですけどね(審神者ちょろい)

SUPER DUPER DAY(2会場替わり曲)

江水の曲は、低音の重めな曲が多い印象でしたが、この曲はかわいい。現地で見ると南泉は本当に猫に見えてくるし、小竜は美人なんですよ。あの2次元の絵をここまで似せてくるとは。メイクだけではなく、本当に小竜の中の人の顔の造形が素晴らしい。よく見つけたぞ刀ミュくん。

Just Time(2会場替わり曲)

髭膝兄弟の曲を江の犬2匹が歌う。歌う人を替えること自体、賛否両論ある(以前あった)のですが、これはこれでいい!髭膝も歌うまいんですけど、雨雲も歌うまいですよね。髭切パートを五月雨江、膝丸パートを村雲江。あまり歌には詳しくないのですが、素人目に見ても、雨さんの歌の伸びが髭切と重なって見えるし、リズム感は膝丸と同様に雲さんがいい。

ただ、すべてドッグランに持っていかれるのはもったいないからもっとやってほしい(支離滅裂)

Brand New Sky

他の時代の刀剣男士もいるのに、長曽祢さんが「幕末は最高」っていうの最高です。長曽祢さんはキャラクター的に下パートを振られることが多いんですけど、高音のほうがきれいに出る稀有な存在。変な乗り物を操ることができる刀剣男士、そろそろスマホくらいは理解していてほしいと思います。

Scarlet Lips

自分のTwitterで何回も言っているんですが、「来日公演ついでに現地の音楽番組でアイドルグループとコラボ」にしか見えないんですよね。配信だと、一人ずつにしかカメラが当たらないので、現場で推し(蜻蛉切)を凝視できてよかったです。二の腕が本当に美しいですね。よくボディビルで言われる「キレてる」じゃないんです。どちらかというとプロレスラーに近いような、私個人としては解釈一致かつドがつく程タイプな肩から腕をしているので、これからもお願いします。いつか聞く機会があったら、ベンチプレスどのくらいいけるのか聞きたい。

幕末組は、セクシーさの中に、まだちょっと若さや幼さといったかわいい要素があるんですが、蜻蛉切はどこかに置いてきたんですかね。セクシー100%。最後まで大人たっぷり。表情がそれ。流し目がほんとうにお上手で困ります。

MCは、もう笑うしかなかった。声が出せない時代だとしても無理…笑ってはいけない刀ミュMC。セクシー&ネタ担当になるなんて誰も思っていなかったです。

美しい悲劇(回替わり刀剣男士)

この日は水心子と肥前。宴会芸も肥前だったので、肥前推しにはたまらない公演だったのではないでしょうか?水心子は声がきれいで通っていて、この子も刀ミュを引っ張っていく存在になるんだなと予感しました。二人とも(他の刀剣男士に比べて)小さいので、かわいい。

抱きしめて、雨(2会場替わり曲)

この曲を生で聞くことができて、生で極姿を見ることができて幸せです。多分、今村正ファミリー以外で一番推してるのは兼さんです。本公演では追いついていなかった発声も、完璧。強くてかっこいい兼さんでした。この刀も”大人”を手に入れていくと化け物になりそうです。

Supernova(2会場替わり曲)

松井江、顔もいいのに、歌えるなんて、将来有望ですね!歌合も現地参戦して松井回だったのですが、うまかったのを覚えています。曲に関して言えば、歌う部分が本当に少ないパフォーマンス向きな曲で、ちょっともったいない気もしますが、世界観は松井江ドンピシャです。服のひらひらが本当に優雅です。松井江自身はビッグバンの意味を理解していないと思っている派です。

革命前夜

この曲は心覚組を完全に食い荒らした大包平という感想。配信でも大包平の声がよく聞こえるなと思っていましたが、現地言ったら大包平しか見えん。革命前夜は、心覚の特徴であるフォーメーションダンスが素敵。当時はあまりキャストに詳しくなかったのですが、心覚から出陣した刀剣男士って若い割に経験豊富なキャストが多いんですね。

SA・KA・ZU・KI 華兄弟!(会場替わり曲)

愛知公演の初演ということで、この枠に何が来るのかわくわくしていたので、色々と岩融曲を見ていたのですが、やっぱりこれでしたね!酒屋の店主役もセルフで岩融がやっていたのは笑いましたが!

この曲は岩融と今剣がそろわないと聞けない気がしていたので本当にうれしかったです。盛り上がらないわけがない。「よぉ~はっ!」で思いっきりペンライト振るしかなかったです。

mistake

とうとうmistakeしていなかった村正がmistakeしました!刀剣男士はみんなmistakeする運命にあるんですね。ここはずっと推しを追っかけていたので、蜻蛉切のことだけでいうと、体が大きいのにそんなに踊れるのか、という驚きでいっぱいでした。若干ためて振りに入るのが特徴なんですが飛ぶときは飛ぶし、大きいからとにかく目立つ!座席の近くには堀川くんが来てくれました!ただほぼスタンドへのサービスばかりなので、アリーナ席の人はセンターステージを見ていたほうがいいかもしれません。

To The North

みんな大好き榎本さんの時間。歌がうまいのはザッツライトなんですが、歌の前のMCが好きです。小狐丸へのあたりの強さに笑うしかない。歌に入ったらもうみんな光るよね。いろんな青色のペンライトでいい感じの海ができていました。榎本さんのペンライトあってもいいんですが、色んな青があったほうが海っぽくていいなと個人的には思います。そしてこの日は帆が降りない日でした。

GW突如募集された審神者の声、もう一つの分がどう使われるか楽しみですね。後半かな…?

えおえおあ

配信で目が足りなかったのに現地で目が足りるわけないよね!!!そのため、蜻蛉切定点カメラでお届けします。とはいえ、まず、岩融と小狐丸がいるミニステージに一番近かったのと、愛知初演ということで、岩融が堂々と言うよりかは、ちょっと緊張しているなとわかる感じがしたのがよかったです。自分の台詞が来るまでずっとファンサしていました。優しい。

定点に戻ります。最初の今剣が歌ったあと、蜻蛉切が今剣に何をしてるのか気になっていたんですけど、片腕で今剣を持ち上げて一段上に上げていたんですね。片手におにぎりを持っているのになんてことだ!と思いました。そのあとはずっと村正と楽しそうにしていました。おにぎりをくばってからは、センターステージの他の刀剣男士と話して、ステージのほうに村正と戻っていきました。そのあともおにぎりを配り、なくなったらいったん袖にはけます。サビになると「えおえおあ」あんまりせずに、お辞儀ばっかりしていたので、前のほうでファンサしていたんだと思います。

全審神者がそうだと思うんですが、ラスサビ前の今剣ちゃんの言葉に泣きそうになります。そのあとに会場替わりの岩融が続くので、えおえおあで私は泣いてしまうのか…!泣かん!!!(大包平風)

そしてこっち向いて蜻蛉切がにこやかな表情でえおえおあ!巧みに表情を使い分け沼に引きずり込む、恐ろしい子…そして、今剣と横に座るのは、身長差萌えを狙っているんですね…よくわかっています。

ETERNAL FLAME

こちらも推し(蜻蛉切)定点カメラです。豊前江が話し始めても、なんかリズムに合わせてわちゃわちゃしてる蜻蛉切。かわいいぞ。そしてペンライトを渡されると両手で持つ呪いにかかる蜻蛉切。近くのミニステージには小竜くんが来てくれました。近くで見るとより美しい。小竜をやるために生まれてきたのかと思うくらい。

そして風を作る!やりました!配信で見て本当にやりたかったのでうれしかったです。アリーナ席だとタイミングがちょっとわかりにくかったのですが、刀剣男士がちょっと早めに飛んでくれるのでなんとかなります。

漢道

一つだけ言っていいですか?二人で歌う曲じゃないんですよ?太鼓叩いたあとに二人で歌うのは酷過ぎませんか…?榎本さんが歌うまいのはザッツライトなんですが、平将門さんも人間キャストの中ではうまいほうの人なんですよね。そして大太刀を振るいながら歌う。体力お化け。剣捌きのキレが違う。そして誰か、バチで殺陣をやる理由を教えてくれしるこくれ。ちなみに愛知には「しるこサンド」の製造会社があります。

最後の推し(蜻蛉切)定点カメラです。基本的には配信で映っていないところでも獣です。そして盛り上がって震えてます。強い。圧倒されてペンライト振るの忘れてしまいました。そしてやっぱりポイは配信で見るより現地で見るほうが感動しますね。実際に回っているものが見えます。

そして安定の「騒げ」は本当に鳥肌モノです。そのあとの小狐丸と蜻蛉切の「己に牙を剥け」も鳥肌が立ちます。

問わず語り

曲の前の水心子と清麿の新々刀コンビはいいですね。応援したくなる感じがすごい。そして、鶴丸が歌わないのに最初から出てくるあたり、暗躍する三日月宗近に対して、これが俺たちの答えだと言っているような気がして(浅い考察)

心覚組は基本的に歌がうまい人ばかりなので安心して聞いていられるところがいいなと思います。歌自体の割り当ても、各刀剣男士が歌える音域に基本的には置いている感じがします。そして、ほぎうたで理解したのか、サビしっかりパート分けして合唱?のようです。最後の曲だとわかっていて、終わってしまう寂しさもあり泣きそうになりました。

いつもは熱気MAXで終わる祭りも、こんな風にしっとり終わるのもいいなと思いました。で、配信見てたはずなのに、このあとカーテンコールかと思ってずっと拍手してました。

カーテンコール

この日のカーテンコールはソハヤ。大典太さんは蔵にこもっているらしいので、もう少し待ってほしいとのこと。自発的に出てくるのを待つソハヤ優しい。誉ポンは堀川くん。実は、この堀川くんも初めての祭りなんだよなと思うと、ちょっと熱くなります。

終演後

規制退場というのを初めて体験しましたが、すごいですね。どれだけガイシホールに人がいるんだと。比較的早めに出られたのですが、物販列は長蛇の列になっていました。すぐにスタッフが今日の締めを決めていたので、スタッフは大変だなと思いました。

そして、配信でわかっていましたが位置的に使わなかったうちわと記念撮影。また出番が来る日を祈ってしばらくは飾っておきます!

さいごに

長々と中身の薄い参戦レポートを書きましたが、私は予習しておいてよかったなと思っています。このレポートの推敲は大阪公演後にやったんですが、初見で大阪公演見てたら確実に泣いていたと思います。

SNSとは違い、ブログの性質上、ネタバレしたくない人はクリックしなければいいので、情報が欲しい人にだけ伝えられる。今回刀ミュのセットリストや記事を作る際に、痛感しました。

刀ミュだけに関わらず、刀剣乱舞界隈は絵描きさん、文字書きさん、コスプレイヤー、様々な方法で楽しんで発信できる人がいます。私はこの方法で、みんなが面倒に感じていることを調べて、わかりやすくまとめる。これからも、刀ミュが盛り上がるように更新していきたいと思っています。

おすすめ刀ミュ記事
セットリスト公式通販まとめ応援うちわ制作キャスト年齢キャストSNS

コメント

  1. よっちょれの女 より:

    配信のセトリを知りたくてこちらのサイトに辿り着きました。
    私も愛知在住の審神者でとても親近感が湧くと共に
    愛知公演現地にいたにも関わらず、
    帰宅したらほぼ記憶を失っていたので
    素敵なレポを読めて嬉しかったです。
    今後も配信を追われますか?
    まだまだ続く乱舞祭、お互い楽しみましょうね!

    • らいならいな より:

      コメントありがとうございます!レポ書きました、らいなと申します!
      私も久しぶりの参戦で当日はほぼ記憶がありませんでした…
      翌日から少しずつ思い出しつつ、書いてみました。(稚拙な文章で申し訳ないです…)
      これからも配信は毎会場最初の公演と村正千秋楽と大千秋楽を見る予定です。
      (回替わりで推しが出れば追加で買うかも…)
      そろそろ折り返しですが、まだまだ盛り上がっていきたいです!!

タイトルとURLをコピーしました