【暇つぶし】ダイソーのナノブロックこと『プチブロック』の犬・猫のなかまシリーズを作ってみた【③三毛猫④トイプードル】

コスパ主義どケチ節約家らいなです。

普段スマホゲームのレビューを書いていますが、飽きたらプチブロックに走ります。(逃げてない)

 

プチブロックのいいところは

  • 安い(ダイソーだから)
  • 難しい(対象年齢12歳以上)
  • 映え(インスタ的な)

と遊びがいがある非常にコストパフォーマンスが高いところですね。

 

今回は引き続き、犬・猫のなかまシリーズより三毛猫とトイプードルについてお送りします。

過去シリーズもよろしくお願いします。

 

犬・猫のなかま ③三毛猫

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

 

並べてみたら小さいパーツの多さに驚きました。ただ、プチブロックは色数が多いほど簡単な傾向があり、この三毛猫も黒・白・ベージュと多いので組み立ては大丈夫だと思っていました。このときまでは。

クリックで拡大

半分まで作成したところです。画像内の前足の部分見えますでしょうか。

「どんなつなげ方だよ」「2個、2個、1個ブロックって!!」思わず諦めそうになりました。ここだけで10分近くかかっていて、この半分に至るまでに30分近くかかっています。おまけに足と胴体は別で作成して、途中で合体させるんですね。難しさこの上ない。色数と難しさの関係はどこへ…。

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

 

完成しました。比較的急ぎめで作成しましたがおよそ1時間で完成しました。今までは下から上に積み上げていく説明が多かったのですが、今回は上に下のパーツをくっつける動作が多いところが特徴的でした。猫のしなやかさを表現するためにかなり無理のあるブロックの配置だったりしますが、完成したらやはりかわいいものですね。尻尾取れやすいですがキュートです。

犬・猫のなかま ④トイプードル

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

 

気を取り直して、トイプードルを作成しましょう。色数と難しさの関係は崩れたので、こちらのトイプードルが茶色一色でも気にしない!!並べてみても茶色だらけ!大きな2×7ブロックが過去最高に多いように思います。あのもこもこ犬をどうやって表現するのか楽しみです。

 

クリックで拡大

左上が足と胴体、右下がおそらく頭です。今回はおそらく青い首輪ですね(そこ)。先ほどの三毛猫ほど難しさはマヒしているのか感じません。尻尾の先に目のパーツと同じ円柱ブロックが付いています。トイプードルって尻尾の先っちょ色違ったっけ…?(詳しい人教えてください)

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

 

トイプードル完成しました。最後まで迷うことなく説明書を読みながら作ることができました。耳が下からくっつけて仕上げるタイプなので取れやすいですが、トイプードルらしさを表しています。犬・猫のなかまシリーズは横から見るとかわいいものが多いですね。

 

次回はいつになるかわかりませんが、まだ6種類犬猫ありますので続けていきます。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です