【暇つぶし】ダイソーのナノブロックこと『プチブロック』のウェディングシリーズを作ってみた【①②③全部】

コスパ主義どケチ節約家らいなです。

久しぶりにダイソーのナノブロックこと『プチブロック』に手を出してみました。(ずっと買っておいて放置してたのは秘密)

特に私事も何もないですが、お店で揃っていたウェディングシリーズを作っていきたいと思います。今回も画像多めで書いていきます。

過去に作った海のなかまシリーズもよろしくお願いします。

ウェディング ①新郎

時間はいつものように1時間弱程度かかりました。では、ブロックの袋から中身を出してみましょう。

出して並べてみると使用するどの色も均等に数があるように見えます。目立つのは見本で手に持っているハートの赤ブロックでしょうか。

半分まで作成しました。写真左の体部分(肩から先なし)と顔(鼻から上なし)です。1段当たり使用するブロックの数が少ないからか、かなり簡単に感じました。

新郎完成です。腕とハートは最後の最後にくっつける形でした。六四分けくらいの髪型に見えますね。頑張れば他の髪型も作れるかも?

余ったブロックは以上となります。色と種類が多い分、全体の残った量も多くなっています。

ウェディング ②新婦

先に言っておきます。海のなかまシリーズのしろくま再来。白い部分が多い、多すぎて難しい現象が発生しました。初めてプチブロックに手を出す方はウェディングでは新婦でつまづくのではないでしょうか。

白い面積が大きいですね(白は膨張して見える等の意見は別)。取扱説明書をご覧になれば、わかるのですが1段目(=一番下の土台)から6段は全て白いブロックで構成されています。ああ、恐ろしい。

一気に1~6段まで掲載します。

難所はここだけです。

ここまでで半分です(左画像が前、右画像が後ろから)。この新婦のドレス肩出しですね。後ろから見るとおそらく腰辺りに大きな装飾があるようなドレスと見て取れます。若干、後ろの方が長いのもポイントですね。

 

あとは新郎と同じような作り方なので、迷うことなくできると思います。ティアラ?もあって結構かわいいです。将来「パパのお嫁さんになる!」的な女の子にもいいかもしれません。対象年齢12歳以上なので、そうそういないと思いますが。

ウェディング ③ウェディングケーキ

来たか、3つ目…。一日に2つまでは作ったことあったのですが、さすがに3つ目となると指先が痛いです。単純に1つ1時間作成にかかるとして、3時間指でブロックを押し続けるわけですから丸い跡が指につきます。

 

白地獄再来か…!と思ったのですが、意外と説明書を見ると簡単でした。全て白い段もあるのですが、ケーキなので間のイチゴの赤がいい感じに目印になるので間違うことはありませんでした。それにしても、白多いですね。

一つ仕分けるときに注意点があります。手で実際に触ればすぐなのですが、赤は角ばったブロックと丸いブロックの2種類があります。混同しないように分けましょう。1個ブロックが多いので、逃げていかないようにゴムを使うのがおススメです。

半分まで作成したところです。下段と中段のケーキになります。これだけでも十分ケーキっぽいです。

 

完成しました。上段、中段、下段を繋ぐのは白い1個パーツを3つつなげたもの。いわゆるTHEウェディングケーキです。上段の灰色が新郎、ピンクが新婦を表しているのでしょうね。余った部品は右画像を参照。1粒パーツは予備が多いのかもしれません。こんなに余ったのはプチブロック史上初めてでした。

 

最後に複数での画像を2枚です。各それぞれ10cm程度の高さで3つ並べると結構華やかです。披露宴のウェルカムスペースに置いたりするのも可愛いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です